354.jpg
タイトル通りようやく「やる気」が僕の中にプラグインされたと思ったので「君の夢…。」第3巻専用漫画の1ページようやく仕上げました。全体像はpixivまで。そしてまあpixiv見ずともコレ見ただけで解るように…

暗っ!!

念仏と葬列が一枚目の漫画なんて内容暗いに決まってます。

あんたメンタル子猫並と前に言ったじゃん!!

ええそうです。だからホント最初は田舎を舞台にしたロケーションの良い場所に住む高校生くらいの男女の話を模索してたのです。ですが大学生くらいに年齢変えたりしてるうちにいのまにか、じいさんばあさんの話。田舎を舞台にした青春活劇はいつの間にか…コレ見て解るように当たり前だが誰か死ぬ話とだんだんダークになって行きました。アレ?何でこんなことに…?とは思ったのです。ホント主人公にとって意地悪な描写を作者自ら描かねばなりません><。漫画描きって描いてれば間違いなく登場人物に感情移入してしまうモノなのです!!
が、ストーリー的な手応えは第六弾「この街の夢編」くらいのモノがあると思ってネームにして展開読み返していくつかビジュアルが浮かんできたので多分「コレは行ける!」と思ったんです。ダメなのはストーリーは完成しててもやっぱりネームの時点で絵が浮かんでこないですから…。ただコレを描くメンタルが僕にあるのかと?今から不安に思ってきました。しかも50ページくらいも…ただ以前「単行本一巻用漫画」の時も展開暗かったのに描いたという実績が僕にはあるしアレを仕上げた時自分にもサスペンスが描けるという漫画描きとしての幅も広がったと思っていて更にオノレの幅を広げられると思って頑張ろうかと思います。それに一度中断して途中からダイチ君話の第14弾を描く予定でいるので子猫レベルのメンタルでも行けるかと思ってます。

まあともかくも描けるという事は漫画描きにとって幸せな事です^^
スポンサーサイト